佐賀県HP 県内企業の社会貢献活動へ掲載

2012年01月06日 メディア掲載

佐賀県HP 県内企業の社会貢献活動(CSR)に
『企業の森林づくり-柏岳-』の活動内容や
平成23年3月に行われた『開催セレモニー』について
紹介されました。

 

平成22年9月より開始した
『企業の森林づくり』は間伐や下刈などの歩道整備から始まり、
今では、柏岳の案内図やQRコードを記載した樹木情報の看板を設置するなど、子供から大人まで楽しみながら散策できるようになっています。

平成23年3月に行われた開催セレモニーでは、
佐賀県森林整備課、武雄市役所の方々とセリタ建設とその家族、総勢50名で、間伐した樹木を細かくチップ状に砕き、地面にまく作業をしました。

 

今年も3月に『ecoフェスティバル』を開催予定です。
今回は森林整備活動を行うだけでなく、武雄市の企業・団体と協力して、様々な催し物を行う予定です。
詳細についてはのちほど、HP上でお知らせしていきたいと思います。

 

掲載内容はこちらです↓
佐賀県HP 県内企業の社会貢献活動(CSR)
【環境保全】行政と共に目指す”Green up! タウン” [(株)セリタ建設]
 http://www.pref.saga.lg.jp/web/kurashi/siminkatudou/_32423/_58839/_59543.html

2011さが環境フェスティバル 

2011年10月19日 メディア掲載

平成23年10月18日 佐賀建設新聞 掲載。

 
10月15・16日に開催されました「2011さが環境フェスティバル」
にて、出展企業として掲載されました。

 

佐賀県立森林公園で行われた「2011さが環境フェスティバル」
最新の環境技術やリサイクル商品を紹介する環境展のほか、
eco教室やフォトコンテスト、バルーン体験などのイベントも行われました。

 

セリタ建設では、
ノンスリップ舗装工法の体験ゾーンを設置したり、
原料となっているスギとヒノキを使って
マルチング(栽培植物の保護チップ)としてノベルティをお配りし、
当社で行っている事業を身近に一般の方に感じてもらうことができました。

被災地でボランティア

2011年10月13日 メディア掲載

平成23年10月8日 佐賀建設新聞に掲載。

 

武雄市建設業協会で結成された「チーム武雄」(参加者:21名)は
9月27日~10月1日までの5日間、
被災地の岩手県陸前高田市で技能ボランティアとして、
草刈りやがれき撤去、町道の側溝・用水路のヘドロ掃除などの
活動を行いました。

セリタ建設からも1名参加し、
復旧作業を行いながら、現地の人の声を聞いたり、実際に現場を目にし、自然の猛威を感じたようです。

また、今回の活動を通して、
被害状況を知るだけでなく、「チーム武雄」のメンバーの方々との絆を深め、地域の安全に貢献する気持ちがよりいっそう高まりました。

ながさき建設技術フェア2011 開催!

2011年10月13日 メディア掲載

平成23年10月8日 佐賀建設新聞に掲載。
ながさき建設技術フェアの参加企業として掲載されました。

 

平成23年10月13日(木)~14日(金)に
長崎県立総合体育館で開催されます。
「がんばれニッポン明日を支える建設技術」をキャッチフレーズに
耐震・防災をはじめ、さまざまな建設技術や工法、製品を紹介します。

 

当社では、
展示パネルや作業風景の映像を使ってマッドミキサー工法の説明や
S-RCクレーグランド工法で使われている原材料のサンプル展示、
ノンスリップ舗装工法の体験ゾーンを設置しております。

ぜひ、お立ち寄りください。

ニューデザイン製品創出支援採択

2011年07月22日 メディア掲載

平成23年7月21日 佐賀建設新聞に掲載。

 

ニューデザイン製品創出支援として採択された内容が掲載されました。

佐賀県は、ユニバーサルデザイン(UD)やグッドデザインをはじめとする新たなコンセプトに基づく製品デザイン(ニューデザイン)の開発や、ニューデザイン製品の販路開拓を行う県内中小企業者等の方々を支援し、デザイン開発力や販売力の向上を図ることを目的としたニューデザイン製品創出等支援事業費補助事業に取り組んでいます。

 
弊社が展開するS-RCクレーグランドやノンスリップ舗装工法の環境配慮した建設工法だけでなく、使う人・利用する人にやさしいコンセプトで展開を始めました。
間伐した木材を破砕し、エポキシ樹脂でパネル状に形成します。もちろん、滑りにくい特殊加工! さらに、計算された視覚的パターンとピクトサインではっきり認識。
身近で生活を支える建設業だからこそ、気づくポイントがあります。そこを少しずつ、やさしく使えるように提案して行きます。

活用事例としてセリタ建設が掲載されました。

2011年05月17日 メディア掲載

佐賀県新エネルギー・産業振興課が進める
『特許流通事業化支援事業費補助金』の活用事例としてセリタ建設が掲載されました。

自社では地盤改良事業のほかに、近年では環境配慮型工法の一つとしてノンスリップ舗装工法にも力を入れています。

ノンスリップ舗装工法とは、間伐材とエポキシ系樹脂を混同し、特殊表面コーティングを施します。


①高いスリップ防止
②歩行者の靴底にやさしい
③間伐材を使用し、環境保全に向けた工法
という特徴を持っています。

実用化にあたって、佐賀県が進める特許流通事業化支援事業費補助金を活用し、静岡県の中小企業と提供をして商品化へ進めていきました。

 

 

技術導入から商品化までの流れとして、
1.ライセンサーとの実施許諾契約
2.自社施工(課題の洗い出し)
3.ライセンサーからの技術指導
4.自社での試行錯誤
5.商品化
うち、1~3までが補助対象範囲になりました。

補助事業への取り組みによって
・混同材料の形状による年度変化の調整方法、表面仕上がり及び施工性の向上
・温度による硬化スピードの調整
といったノウハウを獲得することができました。

補助金を活用した企業の声からも、
・県の公的な補助金を使ったことでPR効果があり、お客さまに提案しやすい。
・試作費用の半分が補助されるため、思い切った試作が繰り返し可能。
・新商品開発にチャレンジする一歩を踏み出すきっかけになった。
・新たな事業に取り組むことで、社員のモチベーションが向上した。
など様々なメリットがあります!

讀賣新聞 掲載 環境配慮の地盤改良工法

2011年04月16日 メディア掲載

 

平成23年4月14日 掲載

 
讀賣新聞に
『S-RCクレーグランド工法』、『ノンスリップ舗装工法』の内容が掲載されました。

油圧シャベルのロングアームに特殊撹拌機を装着し、軟弱地盤を改良する『マッドミキサー工法』で事業展開をしていき、約2年前からは環境配慮型の土壌改良工法にも力を入れていきました。

S-RC工法は、製材所などで出るスギやヒノキの樹皮を集め、約3㎝に特殊加工したチップと土を混合し、グランド造成に使います。
特徴としては、  
①水はけが良い
②表土の飛散や流出を防ける
③ケガ予防につながるクッション性がある
④雑草が生えにくい
といったメリットを持っています(^^)

 

ノンスリップ舗装は、間伐材のウッドチップと特殊樹脂を混ぜて使用します。
一般住宅の玄関先や公園の遊歩道など幅広い用途を見込んでいます。自然を感じさせる見た目に加え、高い滑り止め効果が期待できます!

 

『S-RCクレーグランド工法』

 
『ノンスリップ舗装工法』

佐賀建設新聞 掲載 セリタ建設に5人が入社

2011年04月15日 メディア掲載

 
平成23年4月7日
佐賀建設新聞 掲載
 
4月1日に5人の新入社員を迎えました。
まだまだ、制服姿が初々しい彼らではありますが、今後は自主性を持って社会貢献のできる社会人に育って欲しいと思います。
これからの抱負として5人の新入社員は
 
ご迷惑にならないように頑張るのみです。
早く現場に出ていろいろな仕事を経験し、地元に貢献していきたいです。
現場での経験を活かしながら、資格をたくさん取り即戦力になれればと思います。
(工事部 森)

 

安全に気をつけてミスのないようにどんな仕事にも一生懸命取り組みます。
測量など高校で習ったことを活かしながら、土木や建設現場で仕事をしていきたいです。
現場を見学した時は「できるかな?」と思いましたが、今は頑張ろうという気持ちでいっぱいです。

(工事部 田代)

 
とにかく、全てが楽しみです。積極的に何にでも取り組んでいきたいです。
重機が気になるのでこれから技術や知識を身につけ「重機なら任せろ」って言えるぐらいになりたいです。将来、表彰を受けれるように先輩に教えていただきながら頑張ります。
(工事部 井手)
 

笑顔でいることを心掛け、人に言われて動くのではなく、先読みの出来る人になりたいです。

また、会社では環境にかかわる事業も行われているので、何らかのかたちで大学で学んだことが活かし、環境問題にも役に立てればと思います。

(総務部 坂口)

 

緊張と不安でいっぱいですが、精一杯頑張っていきたいです。

仕事とプライベートを両立し、楽しみたいと思います。感じのいい人と言われるよう、笑顔を忘れずミスのないように落ち着いて仕事したいです。

(総務部 髙尾)

 
皆さん、新入社員5人をどうぞ宜しくお願いいたします。

佐賀建設新聞 掲載 セリタ建設の森林

2011年03月14日 メディア掲載

平成23年3月10日

 

佐賀建設新聞に『セリタ建設の森林』の内容が掲載されました。

武雄市長さんを交えて全体記念写真!

小さな子供の参加していることに、すごく意味があります。
親から子で伝えること。
森林で遊ぶ楽しさ。
山の大切さ、役割、危ないことも・・・
身近なことから触れて、直接体感して学ばせる。
 
セリタ建設は、森の手入れを行い、樹木観察や森林浴が楽しめる森へと整備していき、この活動が少しずつ広がり、参加者が年々増加出来るよう頑張っていきたいと思います。

佐賀新聞 掲載 セリタ建設の森林

2011年03月10日 メディア掲載

平成23年3月8日 
佐賀新聞に『セリタ建設の森林』の内容が掲載されました。

セリタ建設の社員とその家族
武雄市職員・佐賀県職員のみなさんでワイワイ楽しく、
森林整備ができました。