cpp工法は安全で効率的な地盤改良工法

2021年10月11日 CPP工法

cpp工法は無駄が少なく安全・安心な地盤改良工法です。鋼管杭工法などと比較して細い杭でも支持力強化できますし、杭に使う部材が軽いので、取り回しが簡単という利点があります。費用の抑制や工期短縮が実現できる上に、環境負荷も小さい工法です。この記事で詳しく説明します。

cpp工法とは

cpp工法は、先端翼の付いた単管パイプと原地盤の両方で支えることで、地盤の支持力を強化して沈下や液状化を防ぐ地盤改良工法です。

ほとんどの土地はある程度の支持力を備えています。地盤改良していない土地でも、人が歩くだけで沈下しないことを想像するとわかりやすいと思います。ほとんどの地盤改良工法では土地に備わっている支持力を考慮しませんが、cpp工法では原地盤の支持力と単管パイプの支持力を合わせて設計します。

原地盤の支持力を活かすことで、他の工法に比べて杭の長さは短く、杭の本数を少なくすることが可能です。杭そのものも細径化できるので、cpp工法による地盤改良は費用が安く済む傾向があります。施工時間も短縮でき、一般的な戸建の大きさは、半日で施工完了できるというスピード感です。

cpp工法のメリット

・狭い土地でも施工しやすい。

・養生期間が必要ないため、速やかに基礎着工を開始できる。

・工事用の電源や施工用の水・セメントが不要。水道・水槽・プラント車なしで施工できる。

・固化材を使わないので、固化不良が無い。

・振動が少ない。

・残土が発生せず、現場を汚しにくい。

・杭を撤去できるため、土地の価値が下がらない。

・粘性土にも砂質土にも対応できる。

・戸建て住宅の建設にも集合住宅の建設にも適用できる。

cpp工法のデメリット

・高さ7mを超える構造物を築く場合は適さない。

・基礎下や先端翼の下に圧密沈下の可能性が高い地盤がある場合は適さない。盛土してからの経過年数が浅い地盤や腐植土など。

cpp工法の施行の流れ

1.先端翼をロッドの先端に装着する。
2.先端翼を回転させて支持層に定着させる。
3.ロッドの内部に単管パイプを入れて、先端翼と連結する。
4.先端翼を逆回転させて、単管パイプ周辺の間隙を土砂で締め固めつつ、ロッドを引き上げる。
5.単管パイプの天端にキャップを取り付けて施工完了。

 

 

株式会社セリタ建設はcpp工法を含むさまざまな地盤改良工法を行っており、地盤に最適な工法を提案します。まずはお問い合わせください。