SEEMとは?

複数装着されたセンサー部分により層ごとにマッピング

レイヤー(深さ)ごとに可視化

可視化されたデータを基に施工

熟練オペレータの経験や勘に頼らず高品質な施工が可能

施工中のリアルタイムデータを計測する

施工中に確認できる事で瑕疵を未然に防ぐことが可能

施工後、過去の工事記録を 簡単に解り易く確認できる

高いトレーサビリティにより発注者へ正確に安心できる情報を届けることが可能

SEEMによる2つの新たなセンシング

加速度計による評価

加速度センサーの数値から土質のゆるみを計測する。土質の硬さを数値に変換することで攪拌状態を知ることができる。

pHセンサーによる評価

固化材との攪拌により土中は強アルカリ反応を示す。地盤改良専用のpHセンサーを開発し、pH分布のバラつきを確認し混合度合いを評価する。

中小企業庁

平成24年度 中小企業庁 ものづくり中小企業・小規模事業者 試作開発等支援補助金 採択